フィルムボトル

フィルムパックボトルここでは「フィルムボトル」と書いていますが、特に決まった呼び名はないようです。以前はポリエチレンの容器でしたが、最近では環境に配慮し、再生可能なペットボトル(PET樹脂)を使っているところが多いです。メリットは、空きボトルの置き場所に困らないことです。フィルムボトルは水が無くなった状態になればペットボトルと同様に小さくたためます。
※画像はワンウェイウォーター のボトルを使用しています。

フィルムボトルの水宅配の長所

フィルムボトルタイプの水宅配のメリット フィルムボトルは返却の必要がありません。ですからボトルが空になったら小さくつぶして一般のゴミと同様に捨てることができます。ですから空きボトルを保管する場所を確保する必要がありません。また、一般の宅配業者が配達してくれるので、自分の都合の良い日時に配達してくれます。さらに ボトルはいつも新品ですので衛生的です。
  • 空きボトルの保管場所に困らない
  • 都合の良い日時に配達
  • ボトルがいつも衛生的

フィルムボトルの水宅配の短所

フィルムボトルタイプの水宅配のデメリット 短所というほどではありませんが、一切ごみが出ないガロンボトルに比べるとゴミが出るという点では劣っています。ただし、再利用可能なPET樹脂ですので環境への影響はありませんし、今までスーパーやコンビニで市販されているペットボトルを使っていた方にとっては問題にはならないでしょう。水宅配のボトルは12リットリ入りが一般的ですので、2リットルのペットボトルを何本もつぶすよりは手間が省けますし、若干ですが、ゴミの量も減少するかもしれません。
  • ゴミが出る

フィルムボトルタイプのサーバー

フィルムボトルタイプのウォーターサーバー各サーバーによって若干異なりますが、最大使用時の消費電力は約400W。冷水は約5度、温水は約90度です。ですから水を冷蔵庫で冷やす必要はありません。また、温水はお茶、コーヒー、カップラーメンにも使えます。(各サーバーによりますが、ガロンボトルタイプのサーバーと変わりません。)
※画像はオーケンウォーター のサーバーを使用しています。

オススメのフィルムボトルタイプの水宅配

ワンウェイウォーター (本州、四国、九州)
オーケンウォーター (本州、四国、九州)
ドリームウォーター (本州、四国、九州)
コスモウォーター (本州、四国、九州)

水に関する豆知識

・ウォーターサーバーや水に関する用語説明
水の成分説明
硬度とは
・軟水と硬水の使い分け
pH(ペーハー)とは
水道水について
・水道水を飲む際のひと工夫
人間にとっての水の必要性
・ミネラルウォーターとは
水と美容の関係
水とダイエットの関係
・飲酒と水の関係
赤ちゃんの水
・ミネラルウォーターを飲み始めて効果が出るまで
ピュアウォーター(純水)とは
ウォーターサーバーとは
海洋深層水とは
・温泉水とは
バナジウムとは
ガロンボトルとは
フィルムボトルとは
・水の宅配にに関するアンケート結果
・ウォーターサーバーに関するアンケート結果
・ウォーターサーバーは本当に安いか検証

▲ページの先頭に戻る

お問合せリンク運営者情報