ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバ ディスペンサーウォーターサーバーとは、温水と冷水がいつでも使える家庭用の給水器です。海外ではディスペンサーと呼ばれています。水道水が飲料水として使えない海外では昔から家庭やオフィスで使われていましたが、最近では芸能人がテレビで話したりテレビCMや雑誌などの影響でウォーターサーバーを利用する家庭やオフィスが増えてきています。ウォーターサーバーは購入することも出来ますが、レンタルと水の宅配がセットになっているサービスが主流です。ウォーターサーバーの仕様は大きく二つに分かれます。それは使用する水のボトルのタイプです。一つはガロンボトルを使用するタイプ。もう一つはフィルムボトルを使用するタイプです。さらに、それぞれのサーバーに卓上タイプ(食卓などの上に置いて使用する背の低いタイプ)と床置きタイプ(床の上に置いて使用する背の高いタイプ)があります。
※画像は宅水便のキララオーケンウォーター を使用しています。

ガロンボトルタイプのサーバー

ガロンボトルタイプの水サーバー各サーバーによって若干異なりますが、最大使用時の消費電力は約400W。冷水は約5度、温水は約90度です。ですから水を冷蔵庫で冷やす必要はありません。また、温水はお茶、コーヒー、カップラーメンにも使えます。(各サーバーによりますが、フィルムボトルタイプのサーバーと変わりません。)
※画像は宅水便のキララのサーバーを使用しています。

ガロンボトル

ガロンボトルガロンボトルのメリットは、ゴミが一切出ないということです。ボトルの注文時には水宅配の業者が宅配してくれるので、その際に空いたボトルを無料で回収してくれます。その点でいえば環境に大変やさしい水宅配です。ただ、ボトルの宅配日が地域によって決まっているので柔軟な宅配ができない点が難点です。
※画像は宅水便のキララのボトルを使用しています。

オススメのガロンボトルタイプの水宅配

アクアクララ (日本全国)
アルピナウォーター (東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城)
アルペンウォーター (東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城)
宅水便のキララ(愛知、岐阜、三重)
アラジン(大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山)

フィルムボトルタイプのサーバー

フィルムパックタイプのディスペンサー各サーバーによって若干異なりますが、最大使用時の消費電力は約400W。冷水は約5度、温水は約90度です。ですから水を冷蔵庫で冷やす必要はありません。また、温水はお茶、コーヒー、カップラーメンにも使えます。(各サーバーによりますが、ガロンボトルタイプのサーバーと変わりません。)
※画像はオーケンウォーター のサーバーを使用しています。

フィルムボトル

フィルムパックボトルフィルムボトルのメリットは、空きボトルの置き場所に困らないことです。フィルムボトルは水が無くなった状態になれば小さくたためます。また、一般の宅配業者が配達してくれるので、自分の都合の良い日時に配達してくれます。
※画像はオーケンウォーター のボトルを使用しています。

オススメのフィルムボトルタイプの水宅配

オーケンウォーター (本州、四国、九州)
ドリームウォーター (本州、四国、九州)
コスモウォーター (本州、四国、九州)

水に関する豆知識

・ウォーターサーバーや水に関する用語説明
水の成分説明
硬度とは
・軟水と硬水の使い分け
pH(ペーハー)とは
水道水について
・水道水を飲む際のひと工夫
人間にとっての水の必要性
・ミネラルウォーターとは
水と美容の関係
水とダイエットの関係
・飲酒と水の関係
赤ちゃんの水
・ミネラルウォーターを飲み始めて効果が出るまで
ピュアウォーター(純水)とは
ウォーターサーバーとは
海洋深層水とは
・温泉水とは
バナジウムとは
ガロンボトルとは
フィルムボトルとは
・水の宅配にに関するアンケート結果
・ウォーターサーバーに関するアンケート結果
・ウォーターサーバーは本当に安いか検証

▲ページの先頭に戻る

お問合せリンク運営者情報